バドミントン練習方法のアドバイスとポイント

バドミントン商品の選び方

このページはBWAYのバドミントンスタッフの独断と偏見で構成されています。この記事についての賛否は御容赦下さい。

ドライブの練習

打ち方

シャトルの飛んでくる方向へいかに早く足を出すかで良いドライブが打てるかどうか決まります。シャトルから下半身が遠いと踏み込んだ足に体重が乗らないので「手打ち」になってしまいます。しっかり踏み込んで体重を乗せ、より体の前でヒットすることが大切です。

スイングはできるだけ小さくして強い球を打ちましょう。そのためにはインパクトが重要になってきます。インパクトの瞬間に全ての力を使うつもりでシャトルを強くヒットします。

小さなスイングでもフォロースルーは必要です。あまり大きくなりすぎないように打ったあとはすぐにラケットを上げて次に備えましょう。

練習方法

初心者の方はノックがいいでしょう。体の横で打つのではなく、前で打つことを重視し、ストレートとクロスに打ち分けるようにしましょう。なれてきたら半面の1対1でフォア・バックを交互に打ち合いましょう。

ひとりがストレートでもうひとりがクロスに、シャトルの飛ぶコースが上から見ると8の字になるように打ち合います。お互いにコース・スピードを意識しあえば効果的な練習になります。逆パターンも必ずやりましょう。

レシーブの練習

打ち方

シングルスとダブルスではレシーブの使い方が多少違ってきます。

シングルスでは相手を動かすことが目的となりネット際への返球が多くなります。

また、ダブルスではコートの奥まで返したり、ドライブでカウンターを狙ったりと攻撃的な要素が強くなります。

打ち方はドライブに近いものがあり、早く足を出してシャトルに近付き、できるだけ体の前でレシーブするのが理想です。

練習方法

最初は手投げノックでタイミング・打点を覚えるといいでしょう。慣れてきたらシャトルを投げてもらうテンポやスピードを早くしてもらったり、フォアとバックの打ち分けができるように交互に投げてもらったりするとよいでしょう。

手投げノックでタイミングがつかめてきたら、実際にスマッシュなどを打ってもらいレシーブしましょう。ネット前、コートの奥へ、ドライブで、ストレート・クロスの打ち分けなど1つずつできるようにしていきましょう。

プッシュの練習

ネット前で鋭角のある緩急ショットを使い、バックバウンダリ-ラインやネットとの中間や相手のボディーを狙い、対戦相手にプレッシャーを与えるショットである。プッシュには、ネット前で長めに飛んできたシャトルに対して速いショットを打つストロークと、相手が打ったヘアピンを叩くストロークがある。

打ち方

  1. テークバックで長い軌道をとる時間的な余裕がないため、テークバッグからインパクトまでの軌道をできる限り短くする。
  2. 構えは肘を少し前にだし、少し曲げ、ラケットを立てて、グリップを軽く握る。
  3. ストロークの開始は肘を曲げた反動で肘をのばし、伸ばすと同時にグリップを握りこむ。
  4. インパクトの後、早く元の構えに戻る。
  5. インパクトの時は、しっかりと面をつくり、振りすぎない。
  6. 出来る限り体(顔)の正面で打つようにする。

練習方法

  1. ヘアピンのプッシュ練習:ノック形式でおこなう。ネット前に立ち、ネットを挟んで向こう側から手で下からネット際に投げてもらいプッシュする。立つ位置はネットに近すぎないこと。半面叉は全面でおこなう。
  2. 長めに飛んできたシャトルに対するプッシュ練習:ノック形式でおこなう。ネット前に立ち、速い球をネット際に打ってもらいプッシュする。立つ位置はネットに近すぎないこと。半面叉は全面でおこなう。慣れてきたら、一球、一球の間隔を短くし、速くシャトルを出してもらおう。
  3. 2対1でのプッシュ練習:2の方が攻撃、1の方がレシーブでおこなう。後衛がスマッシュもしくはカットを打ち、レシーブがドライブかネットで返球し、前衛がその羽をプッシュする。

スマッシュの練習

バドミントンのショットのうち、最も攻撃的で華やかなのがスマッシュです。その初速は男子の一流選手で、なんと300キロを超えることもあります。スマッシュは、決め球として使うだけでなく相手の動きをとめたり体勢を崩したいときにも使います。

打ち方

スマッシュは、クリアーと似ていますがスピードを乗せるためにクリアーよりも速いスウィングをします。打点が体よりも前にきているかを確認し、体重移動を後ろから前にしっかりかけ、ラケットの面が斜め下に向いていればスマッシュになります。

練習方法

ある程度形ができるまでストレートにノックを上げてその球を打つ方法が最適です。スピードを速くするには、素振りをしっかりしておくことが必要です。

カットの練習

スマッシュと同じ打点で打ち、ラケットの面でシャトルを切るような感覚で打つショットです。ネットを超えてから急に減速してショートサービスライン辺りに落ちる位の球足がベストです。主に相手を揺さぶる時に使用します。

打ち方

フォアーからのクロスカットの場合イースタングリップ(包丁持ち)でラケットを持ち、打ちたい方向に面を向け、まっすぐ振り切り体重を後ろから前に乗せます。リバースカットの場合は、ウエスタングリップ(フライパン持ち)ラケットを持ちイースタン同様体重を後ろから前にのせると打ちやすいです。

練習方法

スマッシュと同様に、ある程度形ができるまでストレートにノックを上げて、その球を打つ方法が最適です。素振りをしっかりしておくことも必要です。

ヘアピンの練習

ネットをはさんで戦うバドミントンでは、ネット際の攻防が大きな鍵を握ります。つなぎにもなるし、攻撃のきっかけにもなるからです。打点の高低、打球の速さ、ネットとの距離、自分の体勢などを一瞬で判断して打たなければなりません。シャトルを弾ませず、スピードを殺すのだから、ちょっとでも判断を間違えるとネットにかけたり、高く浮いて相手のチャンスボールになってしまいます。

非常にデリケートなショットです。練習しだいでスピンをかける高度なテクニックもあります。いいヘアピンに対しては、ロブかヘアピンでかえすしかないのだから、ラリーが有利に展開します。つまりヘアピンでネットを制すればゲームの主導権を握ることが出来るのです。

打ち方

フォア・ストレート
フォアハンドからのストレートヘアピン。柔らかいタッチでシャトルを包み込むように打ちます。
フォア・クロス 
フォアハンドからクロスのヘアピン。インパクトの瞬間に面をクロスに向けて打ちます。
バック・ストレート
バックハンドからのストレートヘアピン。肘を支点にした打ち方になります。
バック・クロス
バックハンドからのクロスヘアピン。インパクトの瞬間に面をクロスに向けて打ちます。ストレートと違いシャトルとの距離が近いため、手首が支点となります。

練習方法

手なげノック、あるいは二人でネットをはさんで打ちあう。はじめは多少シャトルが浮いても球が伸びてもかまわない。少しずつ自分の感覚をつかんでいけばいいのである。感覚をつかめばフットワークにも気を配りたい。実戦では、あらゆる体勢から打つ必要があるので1球1球足を動かしたい。打点の高低やシャトルのスピード、自分の体勢などで微妙にラケットさばきが変わってくる。

高い打点でとることが出来れば弾ませるだけでネットすれすれの球がかえせるし、球足が伸びてしまう危険度も低くなる。ただ、いつも高い打点で打てるとは限らない。反応が遅ければネットの真ん中、床ぎりぎりの打点からも打ち分けなければならない。その場合は、ネットの高さも把握しておかなければならない。

ロビングの練習

腕全体を振らず、手首の回内、回外を使い前腕と手首の動きでシャープに打ちます。テイクバックは肩をあまり入れずに、リストスタンドとひじの曲げで形を作り、力ではなく前腕の外旋と手首の回外(前腕の内旋と手首の回内)のタイミングでシャトルを打ちます。

打ち方

腕全体を振らず、手首の回内、回外を使い前腕と手首の動きでシャープに打ちます。テイクバックは肩をあまり入れずに、リストスタンドとひじの曲げで形を作り、力ではなく前腕の外旋と手首の回外(前腕の内旋と手首の回内)のタイミングでシャトルを打ちます。

練習方法

  1. 手投げノック ネット前にシャトルを投げてもらい一歩踏み出して打つ。そのときアタックロブとハイロブを使い分けて打つのが良い。
  2. 基礎打ちのときからロブを使う場面は多い。ロブが低すぎたり浅くなったときは、相手のチャンスボールになってしまいます。常に奥まで返球することを意識しながら練習しましょう。

クリアーの練習

クリアーは、「ハイクリアー」と「ドリブンクリアー」に大別されます。ハイクリアーは、相手に攻撃され守りに回った時にバックバウンダリ-ライン付近まで高く、遠くに打つショットです。ドリブンクリアーは、スピードが速く、まっすぐの軌道を描いて飛びます。相手の腕とラケットを伸ばしてもギリギリ届かない位の高さで通り抜け、相手の体勢を崩す「攻撃的」なショットです。

打ち方

ハイクリアーは、シャトルが頭の上にきた地点でインパクトするのではなく、腕を真すぐに伸ばし、地面に対して垂直にした所からやや前方で、ラケットの面がやや上方を向いた時点でインパクトをしましょう。

インパクトの直前までグリップエンドが先行し、インパクト以降はラケットヘッドが先行するストローク感覚を体得しましょう。

クリアーを打つ時にシャトルを打とうとするのではなく正しいストロークをすることに集中しましょう。

ドリブンクリアーは、インパクトの直前までハイクリアーと同じようなフォームで打つことです。ハイクリアーとの違いは、インパクトの瞬間に面が上方に向いているのではなく、ほぼ垂直にすることです。インパクト地点は、真上かやや前方。体重を前方にかけ、シャトルを押し出すイメージで打ちます。

練習方法

正しいフォームを身に付けましょう。そのために素振りの時に、誰か自分の後ろに立ってもらい軽くラケットヘッドを押さえてもらって自然とグリップエンドから振れるような練習をしましょう。もっと効果的な素振りとして、タオルなどの目標物を上から垂らして素振りを行うとより実践的な素振りになります。

正しいフォームをマスターしたら、シャトルを打ってみましょう。自分の立ってる位置にノックしてもらい、最初はラケット面をフラットにしてインパクトするようにし、ちゃんと当たるようになってきたら手首の回内を鋭く早めて打つようにします。

ドロップの練習

ネットすれすれの緩やかな球で相手フロントコートに落とすショットです。決め球とはいえませんが、クリアーなどと組み合わせて相手を前後に大きく揺さぶることが出来ます。

打ち方

バック・スイングまでは、いかにもクリヤーのフォームで、インパクトにかけては力を抜き、ネットに対して斜に角度をつけたラケット面でシャトルを打つ。この角度が小さければ、カット・スマッシュ、大きければドロップになる。

練習方法

最初は、ノックを上げてもらい、クリアーと同じようなフォームでドロップを打つようにしましょう。フォームを覚えたら1対1でネットギリギリにゆるい球で相手フロントコートに落とせるように練習しましょう。

Pagetop